奄美方言音声データベース

ヤーヌナー /'jaanunaa/
(名詞) や0(家)上代/の2{助}上代/―

意味:

家の名。家号。姓を名のることが一般には許されなかった頃(明治5年以前)、上層と自作農の各家は、地名や場所の特徴、あるいは本家・分家の関係などによって名づけた呼び名で呼ばれていた。姓を持つようになった後まで村人同志はこの名を用いた。sjaN'ja下の家[太家]、nahazao中里[長家]、ihuzaki伊府崎[太家]、iima伊間[和家]、agusuko田城[住家]など。(類)naa、mjoozi
ナマ アてン モランて ミョージ ヨンマ ヤーヌナー バ ドゥ イちュリ。nama aN moraN mjoozi 'joNma 'jaanunaa ba du ijuri.今 でも 村では 姓 より 家号 を ぞ 呼んで言っている。
ヤーワハリ シャン とゥキン ミーヤ ツクて “ミーヤ” チ イちュたットゥ イツン マド ガロ ヤーヌナー ナて ウッカ ヒャクネン アマリ ナて フルヤ ナてン ヤッパリ “ミーヤ” チ イちュリ。'jaa'wahari sjaN ukiN mii'ja cku “mii'ja” ci ijuaQtu icN mado garo 'jaanunaa na uQka hjakuneN amari na huru'ja naN 'jaQpari “mii'ja” ci ijuri.分家 した ときに 新しい家を 作って 「新家」 と 言っていたら いつの 間にかあろう 家号に なって それが 100年 あまり 経ってなって 古い家に なっても やっぱり 「新家」と 言っている。

関連標準語:

いえのな〔家の名〕

管理者へメール ホーム 見出し語検索 標準語五十音別索引 方言五十音別索引 カテゴリー別索引 品詞別索引 ひとつ前に戻る ヘルプ