奄美方言音声データベース

ザンヌっユー /zaNnujuu/
(名詞) 動物 ざ0ん0の0い0を0(犀魚)/*

意味:

ジュゴン。古来これを人魚と呼んだという。体は大きく600斤くらいあり、これをもりで突くとあたり1面朱に染まって凄絶だったという。捕獲は禁じられているので、例文のような歌が歌われた。先年も夫婦2組が住用村に現われて島の話題になっていた。
タル ヌ ウチウミ ナン ザンヌっユ ヌ こマて、こマて ウル とゥて かミュン チュ ヤ ヤマと かーチ ゴヨー ゴヨ−。staru nu uciumi naN zaNnuju nu xoma、xoma ur u xamjuN cju 'ja 'jamao xaaci go'joo、go'joo.sEItaru―住用村 の 内海 に ジュゴン が 入ってこもって、入ってこもって それを 取って 食べている 人 は 本土 へ 御用だ 御用だ。[民謡]
ザンヌっユー とゥジュとゥズ シ ドゥ うン ちュト。くン イキムン ナー クヮ ニン チー ヌマスン チバ。ウン とゥキン ナー たチうギ シュテ ヌマスン かナン。ウル バ とゥーサーラ ミーバ チュ ヌ クヮ ニン チー ヌマちュン ガ ニーシ ミャールン かナン ヤマとンてー ニンギョ チ っユ ムン ダロ。zaNnujuu uzjuuzr si du 'uN juto.xuN ikimuN naa kwa niN cii numasuN ciba.uN ukiN naa aci'ugi sjut numasuN xanaN.ur ba uusaara miiba cju nu kwa niN cii numajuN ga niisi mjaaruN xanaN 'jamaoN niNgjo ci ju muN daro.ジュゴンは 夫婦連れ で ぞ いる そうだ。この 生き物 は 子ども に 乳を 飲ます っ て。その ときに は 立泳ぎを していて飲ます から、 それを 遠くから 見ると 人 が 子ども に 乳を 飲ましているか のように 見える から 本土では 人魚 と いう のだろう。

関連標準語:

じゅごん〔ジュゴン〕

管理者へメール ホーム 見出し語検索 標準語五十音別索引 方言五十音別索引 カテゴリー別索引 品詞別索引 ひとつ前に戻る ヘルプ