奄美方言音声データベース

ムぃズぃ /mz/
(名詞) 天文・地文・鉱物 み1づ0(水)上代

意味:

水。[大島本島は山が多いので水が豊富であり、冬たまに水が涸れる程度であったが、喜界、沖永良部、与論の島々は珊瑚礁ばかりから成るので、かつては飲み水に不自由したようで、雨水を溜めて飲み水にしたと聞く。生命あるものにとってなくてはならないものであるからたとえばamamzganasi《雨水神様》など信仰の対象となっている。またけがれを祓うのに水に流す方法をとる。水が変われば言葉も異なると言われ、また他郷の水を飲むと水に当たって(mzmehe{水負け}して)病気になる。故郷の水を飲めば病気も治ると言われている。×「水をさす」という表現は無い。]
hunanaNge sjuN cjuu、 muN daxa cmoribaNme aN baN、 mz daxa cmo du numasuN juto.難船 したしている 人たちは、 食事 も 決まった量の食事 にするである が、 水 も 見積もって ぞ 飲ます そうだ。
gaQkjo xamba mzmehe sraN juto.ラッキョウを 食べると 水に当たらない水負け しない そうだ。

関連標準語:

みず〔水〕みず〔水〕みず〔水〕ようすい〔羊水〕

管理者へメール ホーム 見出し語検索 標準語五十音別索引 方言五十音別索引 カテゴリー別索引 品詞別索引 ひとつ前に戻る ヘルプ